Dutton Park

10ヶ国以上を旅行した社会人が東京や旅行のこと、知っておくとお得なことについて書きます。

シンガポール旅行記vol.2 0日目:出国編

 

シンガポール旅行記vol.2 0日目!

 

4泊のシンガポール旅行に行ってきたので旅行記を書いています。

今回はシンガポール旅行記vol.2 0日目:出国編になります。

www.dutton-park.com

 

 

0日目:深夜便で出国!

 

いよいよ待ちに待ったシンガポール旅行が始まります。0日目ってなんだよ!となるのですが、羽田発の飛行機が23:45発の深夜便なので、シンガポールに着くまでをこの記事で書きたいと思います。

 

シンガポールはエアアジアで行きます。

日程はコチラ。

東京(羽田)  23:45 ー クアラルンプール 5:55

クアラルンプール 7:30 ー シンガポール 8:40

 

 

いざ、準備!

旅行に持って行く荷物はある程度確認はしていたのですがパッキングをしていなかったので、朝おきてからのんびり荷物をスーツケースに詰めていました。深夜便だと油断して結局当日のパッキングになっちゃいました。

 

スーツケースに詰める荷物とリュックに詰める荷物を分けるの難しいですよね。

 

貴重品はリュックに、液体はスーツケースにって感じですかね。スーツケースは帰りは必ず重くなるので10 - 12kgくらいになるように持って行きます。

 

 

 

いざ、出発!

 

夜になりましたので、いよいよ出発です。

私は心配性なので3時間前に空港着を目指します。23:45発なので、空港に20:45着です。

 

国際線の到着時刻の基準についてはコチラ。標準は2時間みたいですね、今度から2時間前にしようかな、、。

https://tabi-mile.com/airport-arrival/

 

羽田空港はモノレールに乗って行きますが、国際線と国内線は別の駅なので要注意ですね。普段は成田空港ばっかり使うので、調べていてよかったですホッ。

 

 

 

羽田空港に到着!

 

無事、羽田空港の国際線に到着しました。

駅からはDeparturesの文字を辿って出発ロビーへと向かいます。

f:id:ash_01:20190920231046j:plain

羽田空港に到着

 

出発ロビーへ到着すると目の前に大きなスクリーンで便ごとにチェックインゲートが書かれていますので、スクリーンで23:45発のクアラルンプール行きを探します。

 

 

チェックイン!

 

エアアジアはJ!一番左端のところにありました。出発の3時間ちょっと前に着きましたが、もう20〜30人ほどの列ができていました。

f:id:ash_01:20190920231551j:plain

チェックインカウンター

 

やっぱりオンラインチェックインを利用するべきですかね。オンラインチェックインはほぼ並んでいませんでした。

やらなきゃ損!オンラインチェックインがどれだけ便利か説明します | TABIZINE~人生に旅心を~

 

カウンターでチェックインだったので、しっかりした紙の搭乗券がもらえました。自動チェックインだとペラペラの紙だったりしますよね。しっかりした搭乗券だとそれだけでワクワクしてしまいます。

 

チェックインが完了したら、保安検査をして出国審査をして出国手続きは完了です!あとは飛行機に乗るだけですね!

初めてでも大丈夫!搭乗手続き~出国審査までの流れ | エアトリ

 

 

 

夜ご飯!

 

時刻は21:30くらい。お腹が空いてきたのでご飯にします。羽田空港のフードコートはけっこう充実していました。

羽田空港国際線ターミナル レストラン フードコート | 節約プレミアムな旅行ブログ

なんと!ラーメンの六厘舎まであるじゃないですか!

 

六厘舎は食べログ3.79の猛者です。東京駅の店舗など普通は並ばないと食べれない六厘舎ですが、羽田空港のフードコートでは並ばずにいただくことができました。

tabelog.com

 

他にも魅力的なところはたくさんありましたが、私は六厘舎一択でした。つけめんをいただきます。

f:id:ash_01:20190920233027j:plain

六厘舎 つけめん

右側が特製つけめんです。最高でした。ごちそうさまでした。

 

 

 

搭乗!

 

いよいよ飛行機に乗ります。エアアジアX523便です。 

 

エアアジアはLCC(格安航空会社)なので映画を見たりゲームをしたりするモニターがありません。海外旅行だとちょっと寂しい気持ちもしますが、それで安く行けるのであれば全然問題ありません。

 

モニターがないので、私はNetflix・アマゾンプライムの映画をダウンロードしたりクロスワードの本を持って行ったりしています。結局ほぼ寝ているんですけどね笑。

 

クロスワードはけっこう酔うので休み休みでするのがオススメです。私は酔い止めの薬も一応持っていたので、いざとなったらそれを飲みます。薬はトラベルミンを愛用しています。

 

席はやはりちょっぴり狭めです。思っていたより狭くなかったのでよかったです。

 

その日は雷雲が立ち込めていてかなり空が光っていましたが、無事に離陸しました。

急旋回も何度かあって怖い体験をしましたが、上空から雷が光る様子は非常に美しく、東京の夜景と相まって最高の景色でした。怖かったですが笑。

 

写真に収められなかったのが非常に残念!

 

そして離陸からしばらくした頃に待ちに待った機内食がやってきました。私はこの機内食が出てくる瞬間が好きで、旅行の中でもトップクラスに楽しみなイベントです。

 

予約の際は、機内食付きのエアアジアのバリューパックで予約していました。バリューパックでは機内食はノンベジタリアンミールかベジタリアンミールの2種類から選べますが、内容はわかりません。 

 

私はノンベジタリアンミールを選択していて、トムヤムフライドライスでした。トムヤムクンのライスバージョン??

 

味は美味しかったですが、けっこう辛めの味付けでした。私は辛いのがあまり得意ではないので、ちょっとつらかったです。

f:id:ash_01:20190921141952j:plain

機内食1


 エアアジアで機内食を頼むときはバリューセットではなく選択できる機内食から選んだほうが辛いメニューなどに当たらずに無難かもしれません。

 

機内食を食べたあとはずっとぐっすり寝ていました。

 

エアアジアはブランケットや飲み物など、全て有料なので防寒や飲み物などは自分で準備しておくと良いです。

 

ローコストな航空会社として表彰されているだけあって、良くも悪くもコストカットを徹底していますね。

 

 

 

クアラルンプール空港に到着!

朝5:30くらいにクアラルンプール空港に到着しました。もともと5:55着の予定だったので、予定よりも早い到着でした。

 

空港の一部ですが、こんな感じです。綺麗でした。

f:id:ash_01:20190923084806j:plain

クアラルンプール空港

 

乗り継ぎでシンガポール行きのゲートに向かうので、International Transferの文字を追いながら進みます。写真の左上の緑です。絵がちょっと面白いです、トランスファーをこんな風に表現するのか、、。

 

大きく書いてある文字はマレーシアの言語、マレー語ですかね。読めないです。

f:id:ash_01:20190923085045j:plain

トランスファー案内

 

飛行機を降りてまーっすぐ進むと上の看板の所に辿り着きました。左に曲がると保安検査場です。

 

 

保安検査を終えてゲートに向かいましたが、ちょっと行き方がわからなかったので保安検査を終えて出てすぐのところの電子案内板でゲートを検索しました。行き方を教えてくれるので助かりました。

 

 

ゲート近くに向かうと、そちらでも保安検査?が行われていたのでもう一度手荷物検査をします。

 

 

2回目の保安検査後はあまり売店もないところでクロスワードをしながら出発を待ちました。

 

途中トイレに行きましたが、トイレットペーパーがないところがちらほらあったので、トイレをする前に確認しておいたほうが良さそうです。

 

 

そんなこんなで待っていると予定時刻通りにシンガポール行きの飛行機への搭乗が始まりました。

 

便はエアアジア703便です。

 

今度は短いフライトでしたが、とにかく眠くて爆睡しちゃいました。機内食はベジタリアンミールで、ベジタリアンカレーでした。(眠すぎて写真を取るの忘れちゃいました、ごめんなさい)

 

こちらもけっこう辛口の味で、やはり少しツラいものがありました。マレーシア、もしくはシンガポールってけっこう辛口がベースなのかな?とちょっと不安になった瞬間でした。

 

そんなこともありながら寝てる間にシンガポールへと到着しました。1時間のフライトだとあっという間ですね。

 

 

 

シンガポールへ到着!

 

やってきました!シンガポールはチャンギ国際空港!

ちょうど予定通り、朝の8:40くらいに到着しました。飛行機を降りたらarrivalの表示を辿っていきます。さすが7年連続で世界一の空港に選ばれているだけあり、めちゃくちゃに綺麗です。どこを見ても美しい!

f:id:ash_01:20190924234752j:plain

チャンギ国際空港に到着!

 

入国手続きを済ませると預け荷物の受け取り場所に着きますが、屋内に草木が!いたるところに緑が取り入れられていて、これまた美しいです。

 

f:id:ash_01:20190924235348j:plain

チャンギ国際空港

 

 

預け荷物を取り、いよいよシンガポールへ繰り出します!

 

 

 というところで続きは

www.dutton-park.com

 へと続きます。

 

 

それでは。