Dutton Park

映画や旅行が好きです。 たまに本も読みます。

【ネットフリックス 映画・ドラマおすすめ】FINAL TABLE(ファイナル・テーブル)

 

ネットフリックスオススメのドラマや映画を紹介していきます。

今回は、ネットフリックスオリジナルシリーズから「FINAL TABLE(ファイナル・テーブル)」を紹介します。

f:id:ash_01:20190624004201j:plain

FINAL TABLE (ファイナル・テーブル)

 

「FINAL TABLE(ファイナル・テーブル)」の紹介

ファイナル・テーブルは、世界各国から集まった12組24人のシェフが世界各国の伝統料理で料理の腕を競う番組です。全部で9ヶ国の伝統料理を巡る、料理の世界旅行のようなコンセプトです。毎話で1つの国を訪れ、1組2人が脱落します。

ファイナルテーブルってどんな番組?

この24名のシェフのレベルが物凄いんです!ミシュラン1つ星や2つ星を当然のように持っていたり、すでに世界で有名なシェフだったり、、、。「いや、あなたたちはリスクを背負ってこういうコンペティションに出る必要ないでしょ」と言いたくなりますが、そのリスクを背負ってまで出場するシェフの探究心や熱意がひしひしと伝わってきます。それがこの番組を面白くしている1つの要因なのだと思います。

ルール!

この番組では、全9話ある毎話で1つの国を訪れます。対戦のテーマはその国の伝統料理!審査員は3名、その国出身の有名人や料理評論家です。この審査で次の国へと進めないのは、3組!その他のシェフは次の国へと駒を進めます。

f:id:ash_01:20190624004359p:plain

FINAL PLATE CHALLENGE

残った3組はFINAL PLATE CHALLENGEと呼ばれる、最下位(ワースト)を決める戦いを行います。審査員は1名、その国のレジェンドシェフが登場します。対戦のテーマは、その国の伝統的な食材を用いた料理。レジェンドシェフがテーマを指定します。

 

そして、最終的なジャッジをレジェンドシェフが下し、1組が脱落します。

 

ファイナル・テーブルのここが面白い!

ファイナル・テーブルの面白さ その1:美しく個性あふれる料理の数々

この番組の面白さは、何と言っても素晴らしいシェフが作る美しい一皿の数々です。伝統料理という縛りがあるにも関わらず、バラエティに富んだ様々な料理が出てきます。その創造性が圧巻なんです。いくつか紹介します。

f:id:ash_01:20190624004429p:plain



 

f:id:ash_01:20190624004443j:plain

 

もはや芸術です。

 

ファイナル・テーブルの面白さ その2:各国の伝統料理・食材

FINAL TABLEのコンセプトは料理の世界旅行なのですが、毎回、「次の国のテーマはなんだろう?」と予想するのが非常に楽しいです。FINAL PLATE CHALLENGEの食材も同じですね。日本の伝統料理って何があるっけ、、寿司、天ぷら、、と考えると意外と思いつかないんですよね。ぜひ予想しながら見てみてください。

 

ファイナル・テーブルの面白さ その3:伝説のシェフの登場

FINAL PLATE CHALLENGEの審査員として、毎回その国のレジェンドシェフが登場します。このレジェンドの人たちがもう言葉に言い表せないほど、めちゃくちゃかっこいいんですよね。せめて人生で1回だけでも、この方たちの料理を食べてみたいと思ってしまいます。

最終話でレジェンドが出揃うシーンは圧巻です。

f:id:ash_01:20190624004516p:plain

伝説のシェフ

 

ファイナル・テーブルの面白さ その4:シェフの熱意とそのバックボーン

料理を作っている最中に、シェフの生い立ちや料理人になったきっかけについてのVTRが流れることがあるのですが、それがとても素敵なので、ぜひそこも注目して欲しいです。

 

ファイナル・テーブル オススメのシーン

一言で料理人のキャリアを破壊!審査員:ジェイ・レイナー

f:id:ash_01:20190624004544p:plain

審査員:ジェイ・レイナー

第3話:イギリス編です。ちょっとふっくらしたコワモテの審査員の方が現れます。その人が現れた瞬間、何人かのシェフが凍りつきます。この人、料理評論家として記事を書いていますが、その記事の一言で料理人の今までのキャリアを破壊してしまうほどの影響力を持ちます。「いざ実食!」の瞬間に今までにない緊張感が場を包みます。

ジェイレイナーが述べるコメントは、非常に核心をついていて納得させられてしまいます。とても好きなシーンです。

 

レジェンド!食文化を変えた男:グラント・アケッツ

f:id:ash_01:20190624004628p:plain

食文化を変えた男:グラント・アケッツ

第6話:アメリカ編です。審査員として登場するレジェンドシェフの1人ですが、その中でも別格感がすごいんです。食そのものの体験を変えた人として、とても有名なシェフです。未知への探究心が深く、コメントの節々にそれを感じます。

最終話でも、鋭いコメントでFINAL TABLE(優勝者)の決定に影響を与えます。

 

ピース綾部 参戦!

f:id:ash_01:20190624004654p:plain

ピース綾部 参戦!

第8話:日本編です。審査員でアメリカへ移住したピースの綾部が登場します。英語が喋れないなりにボディランゲージで頑張るハートの強さがすごいです。料理に対するコメントはがっつり日本語ですけど(笑)。8話なのでかなり先ですが、楽しみにしていてください。

 

ファイナル・テーブルのワンポイントアドバイス!

MCの人のインスタグラム

最終話でのレジェンドシェフのそうそうたる顔ぶれに興奮した番組MCのアンドリューが、番組中に写真を撮ります。その写真を自分のインスタに載せていました。このアンドリューさん、とても料理が好きのようで普段から料理の写真をよく載せます。気になったかたは、下のアカウントですのでぜひ見てみてください。

instagram.com

 

ファイナル・テーブルの予告編はこちら

youtu.be

 

いかがでしょうか。料理番組って積極的に見るひとはそんなに多くないですよね。見るタイミングがないというか、、。FINAL TABLEは一度見てしまうとかなりどハマりするので、是非ちらっと見てみてください。