Dutton Park

映画や旅行が好きです。 たまに本も読みます。

【映画 感想】【2019 ディズニー アラジン 実写版】ウィル・スミスがジーニー役!実写版アラジンの感想! ※ネタバレあり

  

2019年に公開された実写版アラジンを観てきたので、感想を書きます。 ※ネタバレありです。

 

f:id:ash_01:20190624005023j:plain

2019 ディズニー アラジン 実写版

 

 

名作アラジンが実写化でリアリティ溢れるミュージカルに進化!

最近はディズニーの実写版が続けて大ヒットしていますよね。「シンデレラ」「美女と野獣」「プーと大人になった僕」などなど。

続けての大ヒットもあって、私は実写版アラジンをかなり楽しみにしていました。

 

結果から言うと、最高でした。観てよかったです。

ディズニーの名作アラジンの良さを継承しつつ、さらに迫力とスピード感をさらに高めた、息をつく間もない映画でした。

 

更に実写版に比べてリアリティがかなり強く、それぞれの立場の感情や生い立ち、心情の変化が細かく描かれている印象を受けました。

 

そんな実写版アラジンのポイントとなった点を振り返りたいと思います。

 

  

ガイ・リッチー監督の疾走感のある作風

f:id:ash_01:20190624005043j:plain

ガイ・リッチー監督

監督は「シャーロックホームズ」「コードネーム U.N.C.L.E.」「スナッチ」などを手がけたガイ・リッチー監督です。疾走感があるアクションが得意で、あんまりディズニーっぽい映画を作る印象がありませんでした。

 

そのため実写版アラジンを観る前は少し不安でしたが、今作ではガイ・リッチー監督の疾走感のある表現が完璧にマッチしていました。

特にアラジンとジャスミンが街で追っ手から逃げるシーンやジャファーとの最後の対決シーンなどは良さが出ていて最高でした。

緊張感や高揚感、切迫した雰囲気の映画の世界にすっかり没入してしまいました。

 

 

 

新曲・ジャスミンのソロ曲:スピーチレス (Speechless)

f:id:ash_01:20190624005108p:plain

ジャスミンのソロ曲 スピーチレス (Speechless)

素晴らしかったですよね。私はこの曲のシーンが一番好きでした。

原作も観たことがある人に「原作と一番違ったところは?」と聞くと大抵の人がジャスミンのソロ曲を挙げるのではないでしょうか。

 

新曲ということもありますが、それ以上にナオミ・スコットの歌唱力に圧倒されてしまいます。この曲だけでも、この映画を観てよかったと思えます。

 

曲自体も非常に美しく、ナオミ・スコットの歌と合わさり、自然と涙が流れてしまいそうになります。

 


Naomi Scott - Speechless (Full) (From "Aladdin"/Official Video)

 

 

 

完璧な配役:ウィル・スミス / メナ・マスード / ナオミ・スコット

ジーニー役 ウィル・スミス

f:id:ash_01:20190624005219j:plain

ジーニー役 ウィル・スミス

きっと誰もが思っていました。

「ウィル・スミスで大丈夫か...?」

ウィル・スミスって日本人が唯一見分けられる黒人だと思うんですよね。=ウィル・スミスとして見てしまうため、ジーニーと認識できない。これを非常に心配していましたが、完全にジーニーでした。

 

新しいジーニーのスタイルでしたが、ベースの部分は原作と近いものを感じました。

 

 

アラジン役 メナ・マスード

f:id:ash_01:20190624005246j:plain

アラジン役 メナ・マスード

かっこよかったですね。まさに求めていた通りのアラジンでした。

目がとても綺麗で、まさにダイヤの原石!

 

泥棒で、嘘つきで、でも心優しい。

そんなアラジンの繊細な心の葛藤を完璧に表現していました。

メナ・マスードだったからこそ、こんなにリアリティがあり感情移入できるアラジンになったのではないでしょうか。

 

 

 

ジャスミン役 ナオミ・スコット

f:id:ash_01:20190624005310p:plain

ジャスミン役 ナオミ・スコット

実写版アラジンでは「強い女性」としての側面が特に強く描かれていたように思います。自由な恋を夢見る美しいプリンセスとしてのヒロイン像に加えて、強い女性としてのヒロイン像が本作で出来上がりました。

 

私はアラジンといえばジーニーが主人公の映画という印象が強いのですが、実写版アラジンはアラジン、ジャスミン、ジーニーの3人ともが主人公になっていました。

その中でも特にジャスミンの要素が強かったように思います。

 

先ほども述べましたが、やはりソロのスピーチレスが最高でした。

 

 

 

多彩なヒップホップ・ラップ調・ダンス

f:id:ash_01:20190624005329j:plain

多彩なヒップホップ・ラップ調・ダンス

気になった人も多いかと思いますが、ラップやダンスの要素が強めでしたよね。

気になったものの、アクセントとしてとても良かったのではないでしょうか。

フレンド・ライク・ミーもラップ調になってましたね笑

 

ただ個人的にはインド風の流れるような美しいダンスが好きなので、もう少しインド風のダンスにしてほしかったなと思います。

 

 

シーン別に評価してみた!シーン別で振り返る実写版アラジン

 

冒頭:ジーニーが船で子どもたちに昔話を聞かせる アラビアン・ナイト ★ 4.0 / 5.0

冒頭はジーニー役のはずのウィル・スミスが人間の姿で船に乗っています。その船には1人の女性と2人の子どもたち。2人の子どもたちに昔話をしてあげるため、アラビアンナイトを歌い始めます。

「あれ、ウィル・スミスってジーニー役じゃないの?」って思っちゃいましたよね。

もう映画をご覧になった方はご存知ですが、この冒頭の船のシーンが最後のあるひとつのエンディングの布石になっていたんですね。

冒頭のシーンを最後に回収する、逆にいうとエンディングの結末を冒頭でちょっと見せるような構成が私は大好きです。

ですが、私アラビアン・ナイトがすごく好きなので、もうちょっと映像とか盛り上がって欲しかったなぁと思ってしまいました。

なので星4つ!

 


実写版アラジン Arabian nights 英語版

 

 

ジャスミンとアラジンの出会い ひと足お先に(One Jump Ahead)★ 3.7 / 5.0

アラジンがジャスミンと出会い、追っ手から一緒に逃走するシーンです。アラジンのカッコ良さが光るシーンですね。ガイ・リッチー監督もきっとこの手の演出が得意だったと思います。迫力があって良いですね!

ただ、途中に早送りのシーンありませんでした?

すっごい気になりました。

理由知っているかたがいたらぜひ教えて欲しいです。

1カットで取ると歌に間に合わなかったのかなぁ...

で星3.7です!

 


One Jump Ahead - Aladdin 2019

 

 

一番盛り上がる アリ王子のお通り(Prince Ali)★ 4.5 / 5.0

f:id:ash_01:20190624005349j:plain

アリ王子のお通り(Prince Ali)

おそらくこの映画でいちばんお金をかけてるシーン。

アリ王子のお通り。

最高に盛り上がりました。

華やかで豪華で、強制的にテンションが上がりました。

 

アラビアンナイトやフレンドライクミーも、このアリ王子のお通りくらい盛り上がったら更に良かったなぁと思います。

星4.5です!


Will Smith sings Prince Ali Scene - ALADDIN (2019) Movie Clip

 

まとめ

実写版アラジンを特徴づける点をいくつか書きましたが、結局すごく良かったですよね。

また映画館に見に行きたいです。

 

次はライオンキングもありますね。

こちらも非常に楽しみです。

 

youtu.be