Dutton Park

映画や旅行が好きです。 たまに本も読みます。

【体験談】日本3位!猿ヶ京バンジージャンプ

f:id:ash_01:20190625202510j:plain

猿ヶ京バンジージャンプ


 

猿ヶ京バンジー!

 

先日、日本第3位の高さを誇る猿ヶ京バンジージャンプに行ってきました。

 

とてもエキサイティングな体験だったので、ぜひ行って欲しいです!

 

行き方からバンジージャンプをするまでを振り返っていきます。

 

 

事前予約

 

まずはバンジージャンプの事前予約を以下のサイトからします。

http://www.bungyjapan.com/

 

けっこういろんなところでバンジージャンプできるんですね。

 

場所を間違えないように気をつけたいです。

 

10日前に予約しても、まだ空きはありそうでしたが選べない時間帯がありました。

 

特に土日は早めに予約しておくと良さそうです。

 

日本1位の高さで有名な竜神橋バンジージャンプは、1ヶ月以上先まで土日埋まっていました、、。

 

ちなみに実際に行ってみると、予約がなくても飛び入りで参加させてくれそうな雰囲気でしたよ。

 

その日の混雑具合にもよりますが、近くを寄ったら飛び込みでチャレンジするのも良いかもしれません。

 

 

値段

 

値段は2018年10月の時点ではこんな感じです。

 

1回目  11000円 ※

2回目  6000円 (同じ日に2回飛ぶ)

 

※(最後の方に書いていますがバンジージャパンの認定証を持ってる人は8000円)

 

 

場所

 

〒379-1404 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731 

 

 

行き方と所要時間

 

八王子からレンタカーで行きました。

 

だいたい3時間くらい。

 

土日で途中何度か渋滞に捕まり、グーグルマップ先生が教えてくれる時間よりも30分ほど遅れ気味で到着。

 

1時間くらいは余裕を持って行くと良いかもしれません。

 

バンジー入り口はやや分かりづらいところにあるので、近くに来たら注意して右前方をみておいてください。

 

 

着いてからのバンジージャンプするまで流れ

受付

 

到着すると、橋の手前の小屋で受付をします。

 

まずは同意書です。

 

バンジーを飛ぶんだよ?これは自己責任だよ?

 

みたいな内容でした。

 

まぁここまで来たらサインしますよね。

 

次に、新しそうな機械、、で予約番号や名前を入力していきます。

 

気付いたら体重計に乗ってる!!

 

そうなんです。同時に体重も測定されます。

 

重さによってバンジーのゴムの長さを変えるんですね。

 

なるほど、だから重くても安心なのか。

 

そして体重を測ると、手の裏に自分の体重を記入されます。

 

え、公開処刑やん、、。

 

と思った女性の皆さん、大丈夫です。

 

女性の体重は黄色のペンで書かれるので見えないんです。

 

なら書くなよって気もしますが。

 

男性の皆さんはがっつりで記入されます。諦めてください。

 

 

注意事項の説明

 

サインしたり、体重測ったらいよいよハーネス?をつけます。

 

思ったより簡単に着れちゃうので、飛んですっぽり抜けないか不安、、、。

 

着けたら飛ぶ時の姿勢や危険行為、合図を出す練習をします。

 

「おっけー」(ポーズ)

 

 

いよいよバンジー!

 

の前にひとつ言い忘れていました。

 

せっかくのバンジーなので、ゴープロやカメラで撮影したいですよね。

 

その場合は、ハーネスを着ける前に係の人に「ゴープロ持ちたいです」と伝えてください。

 

「ゴープロ無くしても一切の責任は負いません」の同意書があるので、それにサインします。

 

 

移動

 

いよいよですね!移動しましょ!

 

小屋から橋へとみんなで向かいます。

 

他のグループの方も一緒に行きます。全部で6人。

 

 

いよいよジャンプ!

 

ジャンプ台の近くでロープやハーネスなどを係の人(マイク)に着けてもらいます。

マイクは海外の方でした。

 

こわいデスか?」「ジャンプするは、楽しいデスよ

 

と可愛いイントネーションの日本語で話しかけてくれます。

 

オシャレな音楽も流れていてムードがアガります。

 

ロープを着けてもらう間から、バンジーカメラマン(?)の人が一眼レフで何枚も写真を撮ってくれます。

 

はい、ジャンプ前のポーズ!

(あ、絶対いま顔引きつってる、、。)

 

ここに立って

ジャンプする場所へと呼ばれます。

 

(まぁ思ったより怖くなさそうだし、飛べるっしょ)

 

と思っていた次の瞬間

 

ジャンプ地点に両足を揃えた瞬間に、

 

「無理!」「無理だ!」「絶対飛べない!」

 

と心の底から恐怖心が湧いてきました。

 

今まで味わったことがないような、本能が拒絶している感じでした。

 

ちょっと!心の準備が!

 

と振り返りましたが、さっきまでのんびりしていたマイクが高らかに宣言します。

 

「いきましょう!カウントダウン!5-4-3-2-」

 

(なるほど、準備する隙を与えないのね、、、泣)

 

 

「-1、バンジー!!!」

 

 

気がついたら飛んでました。叫んでました。

 

ビヨーーーーーン。

 

飛んだ後は一瞬で最下点まで到達し、ビヨンビヨンして余韻を味わいます。

 

楽しい!!!!

 

楽しい!!!!!!!

 

立った瞬間は絶対に飛べないと思ったものの、飛んでみるとやっぱり楽しく達成感でいっぱいになりました。

 

ビヨンビヨンが終わると、ロープが巻かれて上へと帰っていきます。

 

最高ダッタネ〜」とマイク。

 

心の準備もさせず、凄まじい速さでカウントダウンしたくせに、、。

 

ここで友人と興奮を分かち合います。

 

他のジャンパーの人たちとも、いつの間にか仲良くなってみんなで讃えあいます。

 

最高だ、、、。

 

ちなみに、他のジャンパーの方々は2組のカップルでした。

 

バンジーデート、、。すげぇ、、。

 

そのうち1組は、彼女の誕生日祝いにバンジーを飛びに来たそう。

 

顔を青くしながらジャンプした彼氏、熱盛ぃぃぃ!!

 

 

認定書授与

ジャンプし終わると、認定証が授与されます。

 

この認定証を持っていると、大体のバンジージャンプスポットで3000円ほど割引になるんだとか。

 

認定証を持って記念写真!

 

最後にバンジーカメラマンが撮ってくれた写真を見せてくれます。

 

30枚ほどで、お値段3000円!

 

高いなぁと思いましたが、とても綺麗に撮れていたので買っちゃいました。

 

割とみんな買っていたので、お金は多めに持っていくと良いかもしれません。

 

 

 いかがだったでしょうか。

ぜひ!バンジージャンプ行ってみてください。

 

 あ

 

ーーーー バンジーが苦手だと思う方はここまで!!!! ーーーー

 

物足りない方へ

 

「バンジージャンプなんか余裕っしょ。」

「俺、絶叫得意やねん。」

 

と豪語する方々のために、より緊張感を楽しんでもらうためにバンジージャンプで起きた事故の記事をいくつか集めてみました。

 

 

※あくまでバンジージャンプのスリルを楽しむために用意したもので、

 想像よりも怖いと感じる方が多い記事です。

 自己責任でご覧ください。

 

 

 

 

 

            Are You Ready ?

 

 

 

 

 

バンジージャンプ 事故

バンジージャンプのワイヤーが切れた!事故は死亡も含め日本で4件目

バンジージャンプでの恐ろしい10の事故 : 夜ふかしのすすめ

バンジージャンプで死亡した17歳、事故の原因は「ヘタな英語」か | 女性自身